コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調乳 ちょうにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調乳
ちょうにゅう

人工栄養を行うにあたって,乳汁を乳児の身体に合うように調製すること。牛乳を用いる場合には,月齢に応じて3分の2ないし5分の4に希釈し,希釈によるカロリーの減少を砂糖や穀粉の添加によって補う。日本では調整粉乳が多く使われているが,これらの製品は乳児の栄養摂取量を考えて製造されているので,調乳時に他の栄養物の添加は必要なく,月齢にかかわりなく一定の濃度 (15%) に微温湯で溶かせばよい。これを単一調乳法という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐にゅう〔テウ‐〕【調乳】

[名](スル)粉ミルクを湯で溶いて、乳児の飲用に適した状態の人工乳をつくること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の調乳の言及

【人工栄養】より

…3.0g/kg/日を超える必要はないように思われる。(4)脂肪 普通の調乳で2~3.5%とする。(5)糖質 普通の調乳で4~8%となるようにする。…

※「調乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

調乳の関連情報