コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調乳(読み)ちょうにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調乳
ちょうにゅう

人工栄養を行うにあたって,乳汁乳児の身体に合うように調製すること。牛乳を用いる場合には,月齢に応じて3分の2ないし5分の4に希釈し,希釈によるカロリーの減少を砂糖や穀粉添加によって補う。日本では調整粉乳が多く使われているが,これらの製品は乳児の栄養摂取量を考えて製造されているので,調乳時に他の栄養物の添加は必要なく,月齢にかかわりなく一定の濃度 (15%) に微温湯で溶かせばよい。これを単一調乳法という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の調乳の言及

【人工栄養】より

…3.0g/kg/日を超える必要はないように思われる。(4)脂肪 普通の調乳で2~3.5%とする。(5)糖質 普通の調乳で4~8%となるようにする。…

※「調乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android