微温湯(読み)ヌルマユ

デジタル大辞泉の解説

ぬるま‐ゆ【微温湯】

ぬるい湯。ぬるゆ。びおんとう。
刺激や緊張のない境遇や生活。「微温湯の暮らしから抜け出す」

びおん‐とう〔ビヲンタウ〕【微温湯】

温度の低い。ぬるまゆ。

ぬる‐ゆ【微温湯】

ぬるまゆ1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬるま‐ゆ【微温湯】

〘名〙
① 温度の低い湯。ぬるい湯。ぬるま。ぬるゆ。ぬるみ。びおんとう。
※狂歌・大団(1703)一「風もいるるあつさわすれてぬるま湯をかかる湯殿のくれぞすずしき」
② 刺激や緊張のない境遇や生活など。
※森鴎外(1954)〈高橋義孝〉五「ぬるま湯のような折衷主義でなければ」

びおん‐とう ビヲンタウ【微温湯】

〘名〙 温度の低い湯。ぬるまゆ。
※舎密開宗(1837‐47)内「数日気に曝し或微温湯に浸せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報