コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調整局面 チョウセイキョクメン

デジタル大辞泉の解説

ちょうせい‐きょくめん〔テウセイ‐〕【調整局面】

相場・景気投資生産などの動向活動上昇を続けた後、その勢いが停滞したり、下降に転じること。また、慢性的に低迷した状態にあることをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

FX用語集の解説

調整局面

上昇してきた株価景気指標などが、その上昇速度を鈍化させ、踊り場に入ったような場合に、調整局面に入ったなどといわれます。株価の場合であれば、値幅の調整と日柄(時間)の調整が行なわれると解釈するのが一般的です。調整局面の後は、そのまま元の上昇基調に入ることもあれば、反落して、結果的に天井であったとわかることもありますから、注意が必要です。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

調整局面の関連キーワード資産デフレ押し目買い相場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調整局面の関連情報