コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調節麻痺 ちょうせつまひ accommodation paralysis

1件 の用語解説(調節麻痺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせつまひ【調節麻痺 accommodation paralysis】

眼内のレンズである水晶体の厚さを増して,近くの目標物を見るためにピントを合わせることを調節という。この調節力が低下すると,遠くのものはよく見えていても,近くのものにピントが合わず,見えにくい状態が起きる。老化によって調節力が低下する生理的な状態が老視(老眼)であるが,老視以外の病的原因でこのような状態が起きたものを調節麻痺という。水晶体の厚さを増すために働く毛様体筋動眼神経の麻痺,あるいは脳の中枢の病変によって起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

調節麻痺の関連キーワード対物レンズレンズ魚眼後発白内障対称型レンズマスターレンズミラーレンズ水晶体線(繊)維眼内レンズ(人工水晶体)のしくみ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone