調節麻痺(読み)ちょうせつまひ(英語表記)accommodation paralysis

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせつまひ【調節麻痺 accommodation paralysis】

眼内のレンズである水晶体の厚さを増して,近くの目標物を見るためにピントを合わせることを調節という。この調節力が低下すると,遠くのものはよく見えていても,近くのものにピントが合わず,見えにくい状態が起きる。老化によって調節力が低下する生理的な状態が老視(老眼)であるが,老視以外の病的原因でこのような状態が起きたものを調節麻痺という。水晶体の厚さを増すために働く毛様体筋や動眼神経の麻痺,あるいは中枢病変によって起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android