諏方大明神画詞(読み)すわだいみょうじんえことば

世界大百科事典 第2版の解説

すわだいみょうじんえことば【諏方大明神画詞】

信濃国の一宮であった諏訪大社縁起。1356年(正平11∥延文1)成立。12巻。もと《諏方大明神縁起絵巻》《諏方縁起》などと称し,絵巻物であったが,絵は早く失われ,詞書の部分のみの写本が伝わっている。著者は諏訪(小坂)円忠(1295‐1364)。諏訪上社大祝(おおほうり)神氏の庶流小坂家の出身で,室町幕府の奉行人であった。成立の事情については洞院公賢の《園太暦》によって知られるが,失われた《諏方社祭絵》の再興を意図したものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android