コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏方大明神画詞 すわだいみょうじんえことば

世界大百科事典 第2版の解説

すわだいみょうじんえことば【諏方大明神画詞】

信濃国の一宮であった諏訪大社の縁起。1356年(正平11∥延文1)成立。12巻。もと《諏方大明神縁起絵巻》《諏方縁起》などと称し,絵巻物であったが,絵は早く失われ,詞書の部分のみの写本が伝わっている。著者は諏訪(小坂)円忠(1295‐1364)。諏訪上社大祝(おおほうり)神氏の庶流小坂家の出身で,室町幕府の奉行人であった。成立の事情については洞院公賢の《園太暦》によって知られるが,失われた《諏方社祭絵》の再興を意図したものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

諏方大明神画詞の関連キーワード諏訪信仰尸童

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android