コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御射山 みさやま

百科事典マイペディアの解説

御射山【みさやま】

長野県中部,霧ヶ峰高原にある祭儀・競技場遺跡。くぼ地を囲む三方の斜面に階段状の桟敷(さじき)があり,鉄鏃(てつぞく),馬具,土師(はじ)器などが出土。平安・鎌倉期に諏訪(すわ)大社下社の神事や小笠懸などの武技が行われた。
→関連項目霧ヶ峰

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

御射山の関連キーワード長野県諏訪市霧ケ峰諏訪信仰諏訪大社山口羅人0学占い狩り外与新箸

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御射山の関連情報