論功行賞(読み)ろんこうこうしょう

四字熟語を知る辞典「論功行賞」の解説

論功行賞

功績の有無・大小をよく論じ定め、それにふさわしい各人に与えること。

[使用例] 日露役の論功行賞で或は鷗外にも爵位が与えられたのかもしれないが[高橋義孝*森鷗外|1954]

[使用例] 本来ならば論功行賞を授けられてしかるべき勝利の将軍(ジェネラーレ)が、その温厚慎重さゆえに面責され、追放に処せられたのである[辻邦生*安土往還記|1968]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「論功行賞」の解説

ろんこう‐こうしょう ‥カウシャウ【論功行賞】

〘名〙 功績の有無・大小を論じ定めて、それに応じて賞を行なうこと。
※報知新聞‐明治三八年(1905)九月二日「露国の論功行賞は第一が日本満洲軍総参謀長児玉源太郎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「論功行賞」の解説

ろんこう‐こうしょう〔‐カウシヤウ〕【論功行賞】

功績を論じ、その程度に応じて賞を与えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android