コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸岳奕堂 もろたけ

美術人名辞典の解説

諸岳奕堂

曹洞宗の僧。総持寺独住一世。名古屋生。梅崖・三界無頼・無以子と号す。9才で愛知郡聖応寺雪堂暁林について得度、その後霊若寺雲麟、黄竜寺道契、岐阜竜泰寺来応などに就いて学ぶ。香積寺風外本高のもとで大悟し、印可を受けた。京都山科の大空寺の住職となり、のち前橋の竜雲院、金沢天徳院へと転住。明治初期、永平・総持両本山の争いを終結させ総持寺独住第一世となり、弘済慈徳禅師と賜号される。明治12年(1879)寂、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸岳奕堂 もろたけ-えきどう

1805-1879 江戸後期-明治時代の僧。
文化2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。雪堂暁林の法をつぎ,風外本高の印可をうける。明治のはじめ永平寺と総持寺の宗権争いを調停し,明治3年総持寺独住1世,のち曹洞宗管長となった。明治12年8月24日死去。75歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は平野。号は旃崖(せんがい)。諡号(しごう)は弘済慈徳禅師。著作に「懶眠余稿」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諸岳奕堂の関連キーワード山腰 天鏡明治時代旃崖奕堂1月1日日置黙仙森田悟由山腰天鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android