コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村社 ソンシャ

デジタル大辞泉の解説

そん‐しゃ【村社】

旧制度の社格の一。郷社(ごうしゃ)の下、無格社の上。多くは村の鎮守などが列格され、社掌(しゃしょう)が置かれていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんしゃ【村社】

神社の旧社格の一。郷社の下、無格社の上に位する。祈年祭・新嘗しんじよう祭・例祭には村から奉幣した。 → 社格

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村社
そんしゃ

明治時代に制定の神社社格の一つ。1871年(明治4)5月、政府は太政官(だじょうかん)布告で神社規則等を制し、官社以外を諸社とし、それを府社・藩社・県社・郷社とした。同年7月の廃藩後改めて、府県社・郷社・村社・無格社とし、一地方の氏神として仰がれる社を村社とした。1945年(昭和20)この制度廃止当時、全国約11万社のうち村社数は4万4934社であった。[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村社の言及

【府県社】より

…府社,県社のこと。同年5月,政府は太政官布告で,官社以下定額,神官職制,神社規則を制したなかで,官社以外を諸社とし,それを府社,藩社,県社,郷社に区別したが,同年7月廃藩後,藩社は県社とし,また同年郷社の下に村社,無格社をおいた。よって官社すなわち官国幣社に対して,諸社いわゆる民社の中では最上級の社格で,地方官の所管に属し,職員として祠官,祠掌がおかれ,1894年以後社司,社掌と改められた。…

※「村社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村社の関連キーワードベルリンオリンピック(1936年)ファトゥ ディオム東京オリンピック二見興玉神社吉野水分神社笠間稲荷神社宇治上神社篠村八幡宮摂社・末社鮎貝八幡宮荏柄天神社高階 幸造飛鳥坐神社円谷幸吉桜井神社口演童話崇道神社地域社会四柱神社護国神社

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村社の関連情報