謀大逆(読み)ぼうたいぎゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謀大逆
ぼうたいぎゃく

八虐の第2。の用語。「むたいぎゃく」とも読む。山陵皇居の破壊を謀議する罪をいう。「賊盗律」によれば,首謀者は絞罪,共謀者は1等軽くして遠流。もし謀議を実行に移せば「大逆」となり,首犯,共犯ともに極刑の斬罪に処せられる。 (→律疏残篇 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうたいぎゃく【謀大逆】

古代、律の八虐の一。山陵および宮殿を損壊しようとはかること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐たいぎゃく【謀大逆】

〘名〙 律に規定する八虐の一つ。山陵および宮殿の破壊をはかる罪。謀反(ぼうへん)に次ぐ罪で、謀反と同じ刑罰が科される。〔律(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の謀大逆の言及

【八虐】より

…律の条文のうち,主として儒教的見地から道徳上の教えに違反する罪を集めて,それを謀反(むへん)(反をはかる),謀大逆(大逆をはかる),謀叛(むほん)(叛をはかる),悪逆,不道,大不敬,不孝,不義の8項目に分類し(表参照),それに特別な法的効果を付与した規定。したがって八虐に当たる罪に対する刑罰がすべて重いとは限らない。…

【謀叛】より

…(1)謀反(慣用で〈むへん〉と読む) 天皇に対する殺人予備罪で,謀は2人以上の共同謀議をさし,謀議しただけで斬刑。(2)謀大逆 御陵,皇居の損壊を謀る罪で絞刑,実行に移れば大逆として斬刑。(3)謀叛 亡命,投降を図り,また外国に通ずるなどの罪で絞刑,実行に移れば斬刑。…

※「謀大逆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android