大逆(読み)タイギャク

大辞林 第三版の解説

たいぎゃく【大逆】

人の道にそむく最も悪いおこない。主君や親を殺すことなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ぎゃく【大逆】

〘名〙 (形動) (「たいぎゃく」とも) 主君や親を殺すなど、人の道にそむいたこの上なくひどい行ないをすること。また、そのさま。
※続日本紀‐宝亀三年(772)五月二七日・宣命「皇太子の位に謀反大逆の人の子を治め賜へれば」
※太平記(14C後)三「東夷近日の大逆(ダイギャク)、只天の譴(せめ)を招き候上は、衰乱の弊(つい)へに乗て天誅を致されんに、何の子細か候べき」 〔戦国策‐楚策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大逆の関連情報