コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講壇 コウダン

デジタル大辞泉の解説

こう‐だん〔カウ‐〕【講壇】

講義・講演・説教などをする
[補説]「講壇学者」「講壇哲学」のように、他の語に冠して、理論的ではあるが実際的でない意で皮肉めかして用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうだん【講壇】

講義・講演をするための一段高くなった所。 「 -に立つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

講壇の関連キーワードブランデス(Georg Morris Cohen Brandes)オイケン(Rudolf Eucken)ヌーベル・クリティックハイデッガー(年譜)ヌーベル・クリチックジョージ ブランモチュリスキーシンポジウム価値判断論争伊藤 吉之助新カント学派デューリング社会政策学会講壇社会主義ホブハウス宮川 経輝ニーメラーハルトマンワーグナーヘルモント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講壇の関連情報