講座(高座)(読み)こうざ

世界大百科事典 第2版の解説

こうざ【講座(高座)】

仏事の法具名。次の3種がある。第1のものには講,第2,第3のものには高座の文字を当てることが多いようである。(1)の内容を講ずることを主眼とする法要(講讃(こうさん)という)で,講師(こうじ)と読師(どくし)が登る座。正面左右に相対して置かれ,向かって左に講師,右に読師が着座する。なお,学僧の資格試験に相当する竪義(りゆうぎ)という仏事では,竪者(りつしや)と称する受験者が講師の講座に登るが,このときは読師の講座は空席となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android