コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪者 りっしゃ

4件 の用語解説(竪者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竪者
りっしゃ

仏教用語。比叡山延暦寺や奈良の興福寺などの大寺院で行われる経典の論義の席上,問者の反論に解答する役目の僧。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りっ‐しゃ【×竪者/立者】

《「りつ」は「竪」を習慣的に読んだもの》仏語。
法会の竪義(りゅうぎ)のとき、義を立てて質問に答える僧。
因明(いんみょう)で、義を立てる主張者。りゅうしゃ。

りゅう‐しゃ〔リフ‐〕【×竪者/立者】

りっしゃ(竪者)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りっしゃ【竪者】

仏教学における学問僧の資格試験竪義(りゆうぎ)の受験者のこと。学問僧としての実力を問われ,合格の場合は講師(こうじ)などの重要な役につく資格を与えられる。今日では住職の資格試験として竪義が行われる例が多い。竪者は定められた日数の事前研修(前加行(ぜんけぎよう))を積んで学習三昧の日を送り,当日に備える。竪義は,探題の選定した論題について,竪者と問題を発する問者(もんじや)の間で問答形式で進められ,竪者の解答のようすを精義者が審査するとともに,通常の論題にさらに難問を付加して論評を加えるという形式をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の竪者の言及

【法華会】より

…戦国期一時中止になったが,江戸時代に復興し,現在は5年に1度大講堂で修せられる。故事にのっとって論義を行う者を竪者(りゆうしや∥りつしや)といい,その論義の判定をなす権威者を探題と称し,一山の長老があたる。法華八講・法華十講なども法華会と称するが,これは講座の数によって名づけられたものである。…

【竪義】より

…また論題提出僧すなわち探題より出された問題について,自己の考えを教理をふまえて主張する僧を指す場合も多い。この場合は竪義者というが,単に略して竪者(りつしや),立者ともいう。南都の三会,東大寺法華会・方広会や,興福寺慈恩会,園城(おんじよう)寺十月会,延暦寺六月会などは竪義を設け,学業の成果を判定した。…

【法華会】より

…戦国期一時中止になったが,江戸時代に復興し,現在は5年に1度大講堂で修せられる。故事にのっとって論義を行う者を竪者(りゆうしや∥りつしや)といい,その論義の判定をなす権威者を探題と称し,一山の長老があたる。法華八講・法華十講なども法華会と称するが,これは講座の数によって名づけられたものである。…

※「竪者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竪者の関連情報