コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譚鑫培 たんきんばい Tán Xīn péi

2件 の用語解説(譚鑫培の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんきんばい【譚鑫培 Tán Xīn péi】

1847‐1917
中国,清末の京劇の俳優。名は金福。湖北省江夏(武昌)の人。父は叫天子,つまりひばりのような甲高い発声で知られ,譚叫天と称された譚志道で,程長庚の一座である三慶班の老旦(老婆役)あるいは老生(立役)であった。父の叫天に対して譚鑫培は小叫天といわれた。最初,武生(立回りを主とした立役),武丑(立回りの三枚目)であったが,のち老生を演じた。本来,京劇の老生のふし(唱腔)は,〈丹田の声を駆使した豪快さ〉をその特徴としたが,譚鑫培は〈悠揚曲折〉,感傷に富むふしをくふうし,いわゆる〈譚派〉の風格を創造した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たんきんばい
(1847―1917)

中国、清(しん)末の京劇俳優。本名は金福、湖北省江夏の人。父が叫天子(きょうてんし)と賞賛された老旦(たん)(老婆役)の譚志道(たんしどう)であったため、小叫天とよばれる。程長庚(ていちょうこう)の一座の三慶班に属していたが、のちに自分の一座をもち、老生(せい)(立役)の名手となり、清朝の宮廷内でも演じた。軽妙で甘くやや哀切を帯びた歌いぶりは、おぼろ月のようと評され、程長庚以来の老生に新しいくふうを加えた。1900年ごろには京劇界の代表的俳優となり、譚派を形成、以後老生の演技は多くが譚派に属する。レパートリーは幅広く、演目に自ら手を加えてもいる。『空城計(くうじょうけい)』『李陵碑(りりょうひ)』『戦太平(せんたいへい)』『桑園寄子』などが有名。陳彦衡(ちんげんこう)の編んだ『譚(きん)培唱腔(しょうこう)集』がある。子の小培(しょうばい)、孫の富英(ふえい)も老生で知られる。[刈間文俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

譚鑫培の関連キーワード梅蘭芳欧陽予倩京劇厳復崑曲上帝会張勲臉譜国劇川劇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone