コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哀切 アイセツ

デジタル大辞泉の解説

あい‐せつ【哀切】

[名・形動]非常に哀れでもの悲しいこと。また、そのさま。「哀切を極めた物語」
「子供のほしい女の―な願望も強いようだった」〈康成・山の音〉
[派生]あいせつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいせつ【哀切】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
もの悲しくあわれな・こと(さま)。 「 -をきわめる」 「 -きわまりない物語」 「なほ-に過るを覚えぬ/小説神髄 逍遥
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

哀切の関連キーワードブレンターノ(Sophie Mereau Brentano)鐘(マードックの小説)アラン シリトー成尋阿闍梨母集プラテーロと私ヒュペーリオンまた逢う日まで寿々木 米若成尋阿闍梨母ボブロフスキ五木[村]ロセッティラブレースクラリッサ夜はやさし岡本かの子つまされる山川登美子田沢稲舟小説神髄

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

哀切の関連情報