谷口春斎(読み)たにぐち しゅんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口春斎 たにぐち-しゅんさい

1830-1892 幕末-明治時代の医師。
文政13年8月24日生まれ。代々近江(おうみ)岩根村(滋賀県甲西町)の医家。大坂で華岡(はなおか)青洲の娘婿の華岡準平にまなび,塾頭をつとめる。帰郷して家業をつぎ,治療のかたわらおおくの門人をそだてた。広瀬旭荘の門にはいり,詩文もよくした。明治25年7月28日死去。63歳。名は遷(うつる)。字(あざな)は喬卿。別号に文達。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android