谷善右衛門(読み)たに ぜんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷善右衛門 たに-ぜんえもん

1675-1741 江戸時代前期-中期の商人。
延宝3年生まれ。谷忍斎の兄。和泉(いずみ)(大阪府)堺の人。華道,茶道をきわめ,織物,土器の鑑定にもすぐれた。みずからやいた楽焼は谷焼といわれて,茶人に愛好された。娘婿田中治兵衛遺志をつぎ,堺港湾の防波堤改修工事を完成させた。寛保(かんぽう)元年10月30日死去。67歳。号は斉泉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android