コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷本三山 たにもと さんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷本三山 たにもと-さんざん

1845-1909 明治時代の医師。
弘化(こうか)2年11月生まれ。紀伊(きい)牟婁郡(むろぐん)生馬村(和歌山県上富田町)の代々医家。大坂で今井少允に医学を,京都で水野鉄明に儒学をまなび,帰郷して家業をつぐ。明治26年紀伊地方に赤痢が流行した際,治療に尽力村人は薬礼山という杉林をつくってその恩にむくいた。明治42年12月死去。65歳。通称は蘇太郎。別号に礫荘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷本三山の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android