コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷風梶之助(2代) たにかぜ かじのすけ

1件 の用語解説(谷風梶之助(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷風梶之助(2代) たにかぜ-かじのすけ

1750-1795 江戸時代中期-後期の力士。
寛延3年8月8日生まれ。江戸の関の戸(2代伊勢(いせ)ノ海)に入門。秀ノ山,達(だて)ケ関から安永5年谷風を名のる。寛政元年小野川喜三郎とともに横綱となる(第4代)。21回優勝し,63連勝を記録,「谷風の前に谷風なし,谷風の後に谷風なし」といわれた。身長188cm,体重160kg。寛政7年1月9日死去。46歳。陸奥(むつ)霞目(かすみのめ)村(宮城県仙台市)出身。本名は金子与四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

谷風梶之助(2代)の関連キーワードザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術谷風梶之助谷風梶之助谷風梶之助隠岐諸島エッジワース国民公会

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone