コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンクニー条約 ピンクニーじょうやく Pinckney's Treaty

2件 の用語解説(ピンクニー条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンクニー条約
ピンクニーじょうやく
Pinckney's Treaty

1795年 10月 27日アメリカスペインの間で結ばれた条約。アメリカ代表 T.ピンクニーの名にちなんでこう呼ばれる。別名サンロレンソ条約。内容は,両国の境界線を北緯 31°とする,領内のインディアンが他国を攻撃しないよう統制するとしたほか,スペインは自領内のミシシッピ川の自由航行権やニューオーリンズ港における貨物の積替えと一時的貯蔵の特権をアメリカに認めるなどアメリカに有利な通商上の取決めを含んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンクニー条約
ぴんくにーじょうやく

1795年10月27日にマドリードで締結されたアメリカ合衆国とスペインとの条約。ピンクニーThomas Pinckney(1750―1828)はアメリカ代表。サン・ロレンソSan Lorenzo条約ともいう。国境線とミシシッピ川の自由航行権をめぐるアメリカとスペインとの利害の対立は、1785~86年におけるジェイとガルドキの交渉などの一連の努力にもかかわらずしばらく未解決のままであった。
 ところがフランス革命戦争に巻き込まれたスペインは、1795年7月にフランスと講和したとき、米英両国の報復を恐れて譲歩し、83年のパリ条約に基づくアメリカ側の要求を受け入れて、この条約で西はミシシッピ川を、南は北緯31度線を国境とすることと、アメリカ船のミシシッピ川の自由航行を認めた。またアメリカ船の積み荷をニュー・オーリンズで貯蔵する権利を、さしあたり3年間、その後は指定する時点まで認めた。これによりアメリカは建国期の難問の一つが解決されて、アレゲニー山脈西部の農産物の出荷が容易となり、西部の発展が促進された。[富田虎男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピンクニー条約の言及

【ピンクニー】より

…チャールストンで弁護士として成功し,87‐89年サウス・カロライナ邦知事,88年には同邦の合衆国憲法批准会議議長を務めた。92‐96年に駐英公使,1795年にスペインに特使として派遣され,国境画定,ミシシッピ川航行権に関する有利なサン・ロレンツォ条約(ピンクニー条約とも呼ばれる)の締結に成功した。96年にはフェデラリスツの副大統領候補となったが落選,1797‐1801年には同党の連邦下院議員。…

※「ピンクニー条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピンクニー条約の関連キーワードイベロアメリカラテンアメリカアメリカ杉アメリカスペイン戦争アメリカ松アメリカン亜米利加遠いアメリカアメリカ アメリカ在日アメリカ軍基地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone