コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンド朝 ザンドちょうZands; Zandīyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンド朝
ザンドちょう
Zands; Zandīyah

イランの王朝 (1757~94) 。ゼンド朝ともいう。 18世紀なかば,ナーディル・シャーの暗殺によりアフシャール朝の支配は崩壊し,各地にその部将たちが割拠したが,そのうちよりザンド族のカリーム・ハーン・ザンド (在位 57~79) がこれら群雄を押え,ファールスシーラーズを首都として全イランを統治した。彼はホラーサーンに存続するアフシャール朝を認めて,みずからはシャー (イランの王号) と号せず,内政に努める一方,ペルシア湾に進出しつつあったイギリスとの経済関係の進展に意を用いた。しかし,彼の没後,後継者争いとトルコ系カージャール族の台頭により同王朝は急速に衰退,ついに 1794年カージャール族のアーガー・ムハンマドによって滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザンドちょう【ザンド朝 Zand】

〈ゼンド朝〉ともいう。イラン系ザンド族のカリーム・ハーンが建てたイランの王朝。1750‐94年。アフシャール朝のナーディル・シャー暗殺後の混乱に乗じて,カリーム・ハーンはイスファハーンでサファビー朝の後裔を擁立,彼の摂政になった(1750)。その後一時タブリーズに拠るアーザード・ハーンの軍にペルシア湾岸まで追われたが,シーラーズに拠って盛り返した。そして58年,最強の敵アスタラーバードに拠るカージャール族のモハンマド・ハサン・ハーンを破り,63年ホラーサーンを除くイラン全土に君臨した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザンド朝
ざんどちょう
Zand

イラン南部に中心を置いたイラン系王朝(1750~94)。首都はシーラーズ。ロル人の一分派ザンドの長カリーム・ハーンがナーディル・シャーの死後の混乱期に、イスファハーンの支配権を握ったのが始まりである。彼の時代に南はバスラ、北はアゼルバイジャン、東はシースターンに至る領土を得た。しかしついにホラサーンを支配することはできず、また表面上はサファビー家の臣下の形をとっていた。ザンド朝治下では、シーラーズ、イスファハーンなどの都市の復興が進められ、産業が育成され、ヨーロッパ系企業との関係も強められた。またペルシア詩の分野では、前述の2都市を中心に文芸復興運動がおこった。[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のザンド朝の言及

【シーラーズ】より

…13~16世紀にかけてシーラーズは,サーディー,ハーフィズなど有名な詩人や哲学者モッラー・サドラーを生み,イランの文芸・学問の中心となった。 1725年アフガン族の侵入により甚大な被害を被ったが,50年ザンド族のカリーム・ハーンがザンド朝(1750‐94)を建て,シーラーズを都とした。30年間にわたるこの王の治下でシーラーズは繁栄を回復し,イラン第一の都市になった。…

※「ザンド朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザンド朝の関連キーワードアーガー・ムハンマド・ハーンカリームハーン城塞カージャール朝バキールモスクブーシェフルケルマーンサバー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android