コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆倒 マメダオシ

デジタル大辞泉の解説

まめ‐だおし〔‐だふし〕【豆倒】

ヒルガオ科の一年生寄生植物。畑などに生え、つる状の茎で他に巻きつき、葉はない。夏から秋、白い小花を群生する。種子を漢方で菟糸子(としし)といい、強壮薬にする。大豆に寄生して害を与えることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まめだおし【豆倒】

ヒルガオ科の一年生のつる性寄生植物。ネナシカズラの類で、茎はつる状で細く、黄色。花・果実ともにネナシカズラより小形。ダイズなどに寄生し、害を与える。葉緑素をもたない。種子を菟糸子とししといい、強壮薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

豆倒 (マメダオシ)

学名:Cuscuta australis
植物。ヒルガオ科の一年生寄生つる草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

豆倒の関連キーワードハマネナシカズラ(浜根無蔓)ネナシカズラ(根無蔓)ネナシカズラ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android