コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニ

デジタル大辞泉の解説

あに【×豈】

[副]
あとに推量を表す語を伴って、反語表現を作る。どうして…か。
「価なき宝といふとも一坏(ひとつき)の濁れる酒に―まさめやも」〈・三四五〉
あとに打消しの語を伴って、強い否定の気持ちを表す。決して…ない。
「夏蚕(なつむし)の蝱(ひむし)の衣二重着て隠み宿(やだ)りは―良くもあらず」〈仁徳紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あに【豈】

( 副 )
(打ち消しの表現を伴って)決して。 「我が恋に-まさらじか沖つ島守/万葉集 596
(下に反語の表現を導いて)どうして。 「夜光る玉といふとも酒飲みて心を遣るに-しかめやも/万葉集 346
[句項目] 豈図らんや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

豈の関連キーワード傍目・岡目最要・最用豈図らんや坂本天山藤田丹岳北村素軒山崎闇斎粟田真人加藤十千梅辻春樵天山流今参局底つ下周作人楽了入万葉集判決陶潜偵吏介然

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豈の関連情報