豊中市(読み)とよなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊中〔市〕
とよなか

大阪府北西部,猪名川中流左岸の市。 1936年豊中町と桜井谷,麻田,熊野田の3村が合体して市制。市域の北東部は千里山丘陵,南西部は猪名川と神崎川の沖積地。 1910年に箕面有馬電気軌道 (現阪急電鉄宝塚線) が開通,以後中心市街地の岡町,服部地区を中心に住宅地が形成された。丘陵部には大阪大学服部緑地,吹田市にまたがる千里ニュータウンなどがあり,緑の多い都市を形成。神崎・猪名両河川流域の低地は,大阪市北部から延びる工業地区の一部で,庄内を中心に電気機器,金属,化学,製薬などの工場が多い。桜塚古墳群 (史跡) ,大石塚小石塚古墳,金禅寺,西幅寺などがある。また,日本民家集落博物館があり,重要有形民俗文化財の民家 (白川の合掌造) が移築されている。市域北部を中国自動車道が,南部を名神高速道路が,西部を阪神高速 11号池田線が通り,これらを結ぶインターチェンジがある。市域北西は大阪国際空港に接する。面積 36.39km2(境界未定)。人口 39万5479(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊中市の関連情報