コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪名川 いながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猪名川
いながわ

兵庫県南東部を流れる川。摂津・丹波国の国境の西峠付近に発し,中流で大阪府側から能勢川,箕面川,千里川,兵庫県側から野尻川,最明寺川などを合せ,尼崎市神崎川と合流して大阪湾に注ぐ。全長 45km。上流域は多田源氏発祥地多田院,その他の史跡が多い。屏風岩,竜化峡,一庫 (ひとくら) 温泉などの景勝地もあり,猪名川渓谷県立自然公園に属する。下流域は阪神工業地帯の一部。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いな‐がわ〔ゐながは〕【猪名川】

大阪府西北部と兵庫県南東部の府県境を流れる川。淀川水系の一。丹波高地の大野(おおや)山(標高754メートル)に源を発し、南流して尼崎(あまがさき)市と大阪府豊中市の境で神崎(かんざき)川に合流。長さ45キロ。中流部は渓谷美に富み、県立自然公園に指定されている。水質がよいため流域の川西(かわにし)市では友禅染、伊丹(いたみ)市・池田市では酒造業・園芸業が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いながわ【猪名川】

大阪府北西部と兵庫県との境界付近を流れて,淀川下流の分流である神崎川に合する川。延長42.8km,流域面積397.6km2。一庫(ひとくら)川,余野川,箕面(みのお)川などの支流があり,下流では藻川を分流させる。上流の北摂山地は,明治の森箕面国定公園,猪名川渓谷県立自然公園の景勝地や,摂津源氏ゆかりの多田神社,山岳信仰と深いかかわりをもつ勝尾寺などの史跡が多い。川西市,池田市の能勢電鉄沿線では1960年代から宅地開発が急速に進み,83年上水道源としての一庫ダムが建設された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いながわ【猪名川】

兵庫県南端、川辺郡の町。猪名川流域に位置し、近世に栄えた多田銀山跡がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕猪名川(いながわ)


兵庫県南東部を流れる川。1級河川(淀(よど)川水系)。延長約43km。兵庫県猪名川町杉生(すぎお)北部に源を発し、南流して尼崎(あまがさき)市で神崎(かんざき)川に合流する。平野部に流れ出る大阪府池田(いけだ)市・兵庫県川西(かわにし)市付近は扇状地を形成、良質の水に恵まれて近世以来、清酒醸造が盛んになった。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪名川
いながわ

兵庫県南東部を流れる川。一級河川。延長43.2キロメートル。大阪府境の西峠付近に源を発し、猪名野を南流しながら尼崎(あまがさき)市で神崎(かんざき)川と合流して大阪湾に注ぐ。流域面積383平方キロメートル。下流部では武庫(むこ)川とともに三角州を形成する。上流部は猪名川渓谷県立自然公園の景勝地で、籠坊(かごぼう)温泉もある。中流は多田源氏ゆかりの史跡が多い。また猪名川によって池田市の酒造業、川西市の皮革業などの地場産業を発展させた。[二木敏篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

猪名川の関連キーワード兵庫県川辺郡猪名川町一庫福ヶ谷兵庫県川辺郡猪名川町つつじが丘兵庫県川辺郡猪名川町猪名川台兵庫県川辺郡猪名川町上阿古谷兵庫県川辺郡猪名川町下阿古谷兵庫県川辺郡猪名川町柏梨田兵庫県川辺郡猪名川町清水東兵庫県川辺郡猪名川町旭ケ丘兵庫県川辺郡猪名川町内馬場兵庫県川辺郡猪名川町仁頂寺兵庫県川辺郡猪名川町木間生兵庫県川辺郡猪名川町松尾台兵庫県川辺郡猪名川町伏見台兵庫県川辺郡猪名川町南田原兵庫県川辺郡猪名川町杉生兵庫県川辺郡猪名川町西畑兵庫県川辺郡猪名川町白金兵庫県川辺郡猪名川町杤原兵庫県川辺郡猪名川町上野兵庫県川辺郡猪名川町万善

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪名川の関連情報