コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部緑地 はっとりりょくち

4件 の用語解説(服部緑地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部緑地
はっとりりょくち

大阪府豊中市東部から,一部吹田市にまたがる府営都市公園。 1950年開設。面積 125.9ha。千里山丘陵の西端,天竺 (てんじく) 川左岸一帯のマツ林,タケ林,池を生かして,レクリエーションの場として整備した緑地公園で,園内には回転大花壇や野球場,競技場,テニスコート,プールなどの運動施設や日本各地の代表的民家を集めた民家集落博物館があり,重要有形民俗文化財の民家 (白川の合掌造) が移築されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

服部緑地

大阪府豊中市にあるレジャースポット。広さ約1.5km2の敷地内に、スポーツ施設や野外音楽堂、歴史ある日本民家を移設した野外博物館などが点在する。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕服部緑地(はっとりりょくち)


大阪府北西部、豊中(とよなか)市にある府立公園。千里(せんり)丘陵の地形を生かした総合緑地公園。1950年(昭和25)開園。面積約126ha。各種スポーツ施設・野外音楽堂、1959年の皇太子今上天皇)ご成婚を記念してつくられた円形大花壇や日本民家集落博物館などがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部緑地
はっとりりょくち

大阪府北西部、豊中(とよなか)市と吹田(すいた)市にまたがる府立公園。千里(せんり)丘陵の地形と景観を生かした公園で、面積125.9ヘクタール。1950年(昭和25)開設。陸上競技場、プールなど各種スポーツ施設、音楽堂、児童遊園などがあり、日本民家集落博物館には飛騨(ひだ)白川村の合掌造の民家、堂島の米蔵、奄美(あまみ)の高倉などが集められている。北大阪急行線緑地公園下車。[樋口節夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部緑地の関連情報