豊沢 新左衛門(初代)(読み)トヨザワ シンザエモン

新撰 芸能人物事典 明治~平成「豊沢 新左衛門(初代)」の解説

豊沢 新左衛門(初代)
トヨザワ シンザエモン


職業
人形浄瑠璃三味線

本名
稲垣 新助

別名
初名=豊沢 松之助,前名=豊沢 仙八

生年月日
天保4年

出生地
大坂(大阪府)

経歴
天保11(1840)年3代目豊沢広助の門人となり、松之助の名で座摩社の芝居で初舞台を踏む。その後仙八と改める。安政3年3月新左衛門を名乗る。4代目竹本弥太夫、初期の摂津大掾らの三味線を弾く。明治14年文楽座を退き17年彦六座開場に参加。3代目竹本大隅太夫らの三味線を弾いた。

没年月日
明治19年 1月6日 (1886年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android