豊田 芙雄(読み)トヨダ フユ

20世紀日本人名事典「豊田 芙雄」の解説

豊田 芙雄
トヨダ フユ

明治・大正期の教育家 最初の幼稚園保母。



生年
弘化2年10月21日(1845年)

没年
昭和16(1941)年12月1日

出生地
常陸国藤坂町(茨城県)

旧姓(旧名)
桑原

別名
幼名=冬,冬子

経歴
水戸藩勤皇の志士豊田小太郎と結婚。慶応2年夫が暗殺され、その遺志を継いで漢学洋学を修め家塾を開いた。明治6年茨城県立発桜女学校教師、8年東京女子師範学校読書教員、9年同校付属幼稚園保母となり、日本最初の幼稚園保母の一人に。18年東京女学校教諭、20年渡欧、帰国後茨城県尋常師範学校助教諭、28年栃木県高等女学校、同師範学校教諭兼任。大正2年水戸大成女学校長。保育唱歌の創作、鹿児島女子師範付属幼稚園の設立を指導した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「豊田 芙雄」の解説

豊田 芙雄 (とよた ふゆ)

生年月日:1845年10月21日
明治時代;大正時代の教育者。水戸初等女学校教諭
1941年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android