コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田芙雄 とよだ ふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田芙雄 とよだ-ふゆ

1845-1941 明治-大正時代の教育者。
弘化(こうか)2年10月21日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士豊田小太郎の妻。藤田東湖の姪(めい)。明治8年から東京女子師範(現お茶の水女子大)につとめ,翌年開設の付属幼稚園で日本最初の保母のひとりとなる。のち渡欧して女子教育事情を調査。帰国後,水戸高女,茨城女子師範などの教諭を歴任した。昭和16年12月1日死去。97歳。本姓桑原幼名は冬,冬子

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊田芙雄の関連キーワード大正時代教育者弘化

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android