豊田貞次郎(読み)とよだ ていじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田貞次郎 とよだ-ていじろう

1885-1961 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治18年8月7日生まれ。昭和15年海軍次官。16年海軍大将,予備役となり第2次近衛内閣の商工相。第3次近衛内閣の外相兼拓務相として日米交渉にあたるが失敗。20年鈴木内閣の軍需相兼運輸通信相となる。戦後は日本ウジミナス会長をつとめた。昭和36年11月21日死去。76歳。和歌山県出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田貞次郎
とよだていじろう
(1885―1961)

海軍軍人(大将)、政治家。和歌山県生まれ。海軍兵学校卒業。オックスフォード大学留学後、海軍大学校卒業。ジュネーブ軍縮会議随員、ロンドン軍縮会議随員などを経て、1931年(昭和6)海軍省軍務局長となる。その後、呉工廠(くれこうしょう)長、航空本部長など技術畑を歩く。1940年第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣海軍次官、1941年大将となり同内閣商工相となる。同年第三次近衛内閣外相兼拓相に就任、日米交渉にあたる。同年日本製鉄社長に就任、鉄鋼生産に携わる。1945年鈴木貫太郎内閣軍需相兼運輸通信相。敗戦後、貴族院議員となったが公職追放。1956年(昭和31)日本ウジミナス会長。[小田部雄次]
『豊田貞次郎回想録編集委員会編『豊田貞次郎回想録』(1962・日本ウジミナス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android