コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田貞次郎 とよだ ていじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田貞次郎 とよだ-ていじろう

1885-1961 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治18年8月7日生まれ。昭和15年海軍次官。16年海軍大将,予備役となり第2次近衛内閣の商工相。第3次近衛内閣の外相兼拓務相として日米交渉にあたるが失敗。20年鈴木内閣の軍需相兼運輸通信相となる。戦後は日本ウジミナス会長をつとめた。昭和36年11月21日死去。76歳。和歌山県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田貞次郎
とよだていじろう
(1885―1961)

海軍軍人(大将)、政治家。和歌山県生まれ。海軍兵学校卒業。オックスフォード大学留学後、海軍大学校卒業。ジュネーブ軍縮会議随員、ロンドン軍縮会議随員などを経て、1931年(昭和6)海軍省軍務局長となる。その後、呉工廠(くれこうしょう)長、航空本部長など技術畑を歩く。1940年第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣海軍次官、1941年大将となり同内閣商工相となる。同年第三次近衛内閣外相兼拓相に就任、日米交渉にあたる。同年日本製鉄社長に就任、鉄鋼生産に携わる。1945年鈴木貫太郎内閣軍需相兼運輸通信相。敗戦後、貴族院議員となったが公職追放。1956年(昭和31)日本ウジミナス会長。[小田部雄次]
『豊田貞次郎回想録編集委員会編『豊田貞次郎回想録』(1962・日本ウジミナス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

豊田貞次郎の関連キーワード新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二レオーネ[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広森一生アポロ計画

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone