コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田貢 とよた みつぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田貢 とよた-みつぎ

1774-1829 江戸時代後期のキリシタン。
安永3年生まれ。越中(富山県)の農民の娘。京都で陰陽師(おんょうじ)斎藤伊織と結婚,のち離婚してキリシタン水野軍記の弟子となる。軍記の死後,稲荷明神下げを看板に法をつたえていたが,文政10年大塩平八郎により捕らえられ,12年12月5日大坂引き回しのうえ磔(はりつけ)にされた。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

豊田貢

没年:文政12.12.5(1829.12.30)
生年:安永3(1774)
江戸後期,京坂地方で起きた切支丹摘発事件「大坂切支丹一件」の中心人物。越中国(富山県)に生まれ,下女,遊女奉公ののち京都で陰陽師斎藤伊織の妻となるが,夫に捨てられ,身を寄せた知人宅で知った水野軍記から天帝如来の教法秘儀の伝授を受け,彼女も似た境遇の女弟子に秘儀を授けたという。表向きは稲荷下げで生計を立てていたが,文政10(1827)年女弟子のひとりの詐欺事件から貢らの存在が浮かび逮捕される。評議の際切支丹であるかどうかの疑義も出されたが,政治的思惑から幕府は切支丹として磔刑に処した。取り調べに当たった大坂東町奉行所の掛かり与力のひとりが大塩平八郎であった。貢は処刑の際まで昂然としていたという。誇り高く癇癖の強い性格だったことが,文政7年の別の事件での判決内容からもうかがわれる。<参考文献>幸田成友『大塩平八郎』,宮城公子『大塩平八郎』

(関民子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよだみつぎ【豊田貢】

1774‐1829(安永3‐文政12)
1827年(文政10)京坂におけるキリシタン摘発事件の中心人物。越中国の百姓の子に生まれ,京都で陰陽師の夫伊織とともに稲荷明神下げの祈禱を行っていた。夫の駈落ちの後,漢訳天主教書等を学び,天帝如来を信仰する水野軍記の弟子となり,教法,秘儀の伝授を受けた。以後も表向きは明神下げを営みながら,独身維持と秘密厳守を条件に女弟子に秘法を伝授した。この信徒集団の存在は末端の女弟子の逮捕をきっかけに発覚した。29年,取調べに当たった大坂町奉行所の意見に基づきキリシタンとして処分されることになり,貢ら6名が引回しのうえ磔にされたほか,関係者65名が処罰された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

豊田貢の関連キーワード元素発見史(年表)ロシア・トルコ戦争ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)東欧史(年表)ピウス8世

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android