コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹和泉太夫(初代) とよたけ いずみだゆう

1件 の用語解説(豊竹和泉太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹和泉太夫(初代) とよたけ-いずみだゆう

?-1738 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
大坂の人。義太夫節豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう)の弟子。初名は竹本沢太夫。享保(きょうほう)3年大坂の竹本座で初出演,6年和泉太夫と名をあらためる。10年豊竹座にうつり,豊竹と改姓。18年からふたたび竹本座でつとめた。元文3年1月死去。通称は紙屋利右衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊竹和泉太夫(初代)の関連キーワード松前広長静岡市中心商店街の総通行量井上通加舎白雄章学誠ジョージ銅座難波土産ハーシェル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone