コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊見城[村] とみぐすく

1件 の用語解説(豊見城[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とみぐすく【豊見城[村]】

沖縄県島尻郡,沖縄島(本島)南西部の村。人口4万5253(1995)。起伏のなだらかな丘陵を饒波(のは)川が流れ,国道331号線が通じる。泥灰岩質の肥沃な土壌のため,サトウキビと野菜を産する純農村として発達,大正時代には沖縄から初めて本土にカボチャなどの野菜を出荷した。現在も県内有数の野菜生産地である。また,乳用牛・豚の畜産も盛ん。北隣の那覇市のベッドタウン化も進み,全国でも人口の多い村である。海岸部の与根にはかつて塩田があり,本土復帰以前は製塩が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊見城[村]の関連キーワード沖縄諸島沖縄島北大東島南光沖縄本島糸満嘉手納宜野湾豊見城那覇

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone