コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豚肉価格安定制度 ぶたにくかかくあんていせいど

1件 の用語解説(豚肉価格安定制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豚肉価格安定制度
ぶたにくかかくあんていせいど

畜産物の価格安定に関する法律に基づく豚肉の安定帯価格制度。価格を最高,最低の一定幅をもって決めておき,卸売価格が暴落したときは畜産振興事業団が買い支え,逆に暴騰したときには事業団が調整保管しているものを放出したり,関税の減免によって輸入を増やしたりして,豚肉の価格を一定の幅で安定させておくというものであるが,どちらかというと生産者保護寄りの制度である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豚肉価格安定制度の関連キーワード支持価格畜産振興事業団立木ニ関スル法律輸入組合食糧管理法特別法人糖価調整制度肥料価格安定等臨時措置法電気及びガスに関する臨時措置に関する法律動物の保護及び管理に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone