コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象匏文雅 ぞうほう もんが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象匏文雅 ぞうほう-もんが

1779-1840 江戸時代後期の僧。
安永8年生まれ。臨済(りんざい)宗。伊予(いよ)(愛媛県)竜潭寺行応玄節(ぎょうおう-げんせつ)に師事し,その法をつぐ。伊豆(いず)韮山(にらやま)(静岡県)国清寺,常陸(ひたち)(茨城県)常光寺などの住持をつとめた。天保(てんぽう)11年7月23日死去。62歳。俗姓森田。号は欓谷。

象匏文雅 しょうほう-もんが

ぞうほう-もんが

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

象匏文雅の関連キーワード黒川良安オセアニア史(年表)アヘン戦争シュティフターレールモントフ後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇