コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象外禅鑑 ぞうがい ぜんかん

1件 の用語解説(象外禅鑑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象外禅鑑 ぞうがい-ぜんかん

1279-1355 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。肥前の人。鎌倉円覚寺桃渓徳悟に師事しその法をつぐ。上総(かずさ)(千葉県)胎蔵寺をひらき,のち鎌倉円覚寺・建長寺の住持となる。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年11月18日死去。77歳。諡号(しごう)は妙覚禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

象外禅鑑の関連キーワード熱原法難宋銭グアテマラ薩都剌足利義詮カール[4世]小笠原長基傑堂能勝光明天皇周阿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone