象外禅鑑(読み)ぞうがい ぜんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象外禅鑑 ぞうがい-ぜんかん

1279-1355 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。肥前の人。鎌倉円覚寺の桃渓徳悟に師事しその法をつぐ。上総(かずさ)(千葉県)胎蔵寺をひらき,のち鎌倉円覚寺・建長寺住持となる。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年11月18日死去。77歳。諡号(しごう)は妙覚禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android