コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象外禅鑑 ぞうがい ぜんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象外禅鑑 ぞうがい-ぜんかん

1279-1355 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。肥前の人。鎌倉円覚寺の桃渓徳悟に師事しその法をつぐ。上総(かずさ)(千葉県)胎蔵寺をひらき,のち鎌倉円覚寺・建長寺住持となる。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年11月18日死去。77歳。諡号(しごう)は妙覚禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

象外禅鑑の関連キーワード南北朝時代禅鑑(2)弘安

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android