貝原好古(読み)かいばら よしふる

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「貝原好古」の解説

貝原好古 かいばら-よしふる

1664-1700 江戸時代前期の儒者。
寛文4年生まれ。貝原楽軒長男。叔父貝原益軒の養子。益軒とともに筑前(ちくぜん)福岡藩につかえる。藩命で益軒の「筑前国続風土記」編集をたすけた。元禄(げんろく)13年5月23日死去。37歳。字(あざな)は敏夫。通称は市之進。号は恥軒。編著に「和爾雅」「日本歳時記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貝原好古の言及

【日本歳時記】より

…書名は《重鐫(じゆうせん)日本歳時記》また《榑桑(ふそう)歳時記》ともいう。貝原好古(かいばらこうこ)著,貝原損軒(益軒篤信)删補(さんほ)。1688年(貞享5)3月,京都日新堂刊。…

※「貝原好古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android