コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝原好古 かいばら よしふる

1件 の用語解説(貝原好古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貝原好古 かいばら-よしふる

1664-1700 江戸時代前期の儒者。
寛文4年生まれ。貝原楽軒の長男。叔父貝原益軒の養子。益軒とともに筑前(ちくぜん)福岡藩につかえる。藩命で益軒の「筑前国続風土記」編集をたすけた。元禄(げんろく)13年5月23日死去。37歳。字(あざな)は敏夫。通称は市之進。号は恥軒。編著に「和爾雅」「日本歳時記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の貝原好古の言及

【日本歳時記】より

…書名は《重鐫(じゆうせん)日本歳時記》また《榑桑(ふそう)歳時記》ともいう。貝原好古(かいばらこうこ)著,貝原損軒(益軒篤信)删補(さんほ)。1688年(貞享5)3月,京都日新堂刊。…

※「貝原好古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

貝原好古の関連キーワード工藤治兵衛南部重直秋田藩平戸藩和爾雅西インド会社平戸藩カルロス[2世]キャラコ禁止法インド史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貝原好古の関連情報