コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞暁 じょうぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞暁 じょうぎょう

1186-1231 鎌倉時代の僧。
文治(ぶんじ)2年2月26日生まれ。父は源頼朝。母は藤原時長の娘。真言宗仁和(にんな)寺の隆暁(りゅうぎょう)に師事し,同寺の道法(どうほう)法親王灌頂(かんじょう)をうける。のち行勝にまなぶため高野山にはいる。貞応(じょうおう)2年源氏3代の将軍の菩提(ぼだい)をとむらうために寂静院を建立した。鎌倉法印,高野法印,千阿上人とよばれた。寛喜(かんぎ)3年2月22日死去。46歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

貞暁 (じょうぎょう)

生年月日:1186年2月26日
鎌倉時代前期の真言宗の僧
1231年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

貞暁の関連キーワード宮本 二七郎宮本二七郎寺尾小八郎広島(市)生年月日下田収蔵由井家常鎌倉時代文治宇品

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android