コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貶黜 ヘンチツ

デジタル大辞泉の解説

へん‐ちつ【××黜】

[名](スル)へんちゅつ(貶黜)」の慣用読み
「此年前(さき)に―せられた抽斎の次男矢嶋優善は」〈鴎外渋江抽斎

へん‐ちゅつ【××黜】

[名](スル)官位を下げて、しりぞけること。斥(へんせき)。へんちつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんちつ【貶黜】

「へんちゅつ(貶黜)」の慣用読み。 「一時の心得違から-を受けた/渋江抽斎 鷗外

へんちゅつ【貶黜】

官位を下げてしりぞけること。貶斥。へんちつ。 「此移封は井上河内守正甫の-に附帯して起つた/伊沢蘭軒 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貶黜の関連キーワード偏・変・扁・片・篇・編・變・貶・辺・返・遍・邊・騙伊沢蘭軒官位

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android