買宿(読み)かいやど

世界大百科事典 第2版の解説

かいやど【買宿】

江戸時代,大都市問屋商人のために,生産地にあって商品の仕入買集めの補助をなした商業組織の一種。絹,生糸,木綿,繰綿,麻,紅花などの繊維製品およびその関連原料を扱ったものにみられる。越後屋(三井),大丸(下村),白木屋(大村)などが上州藤岡に在地商人を指定しおのおの絹買宿を置いたのはその典型である。買宿の指定は請負契約によった。問屋商人が仕入れに派遣出張させる手代の宿泊,仕入荷物の一時保管,出張した手代の監督と,商品の代買買送りとが買宿の役割であり,これに対する世話料あるいは代買口銭が収入であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android