コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

買宿 かいやど

1件 の用語解説(買宿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいやど【買宿】

江戸時代,大都市問屋商人のために,生産地にあって商品の仕入買集めの補助をなした商業組織の一種。絹,生糸,木綿,繰綿,麻,紅花などの繊維製品およびその関連原料を扱ったものにみられる。越後屋(三井),大丸(下村),白木屋(大村)などが上州藤岡に在地商人を指定しおのおの絹買宿を置いたのはその典型である。買宿の指定は請負契約によった。問屋商人が仕入れに派遣出張させる手代の宿泊,仕入荷物の一時保管,出張した手代の監督と,商品の代買買送りとが買宿の役割であり,これに対する世話料あるいは代買口銭が収入であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

買宿の関連キーワード問屋納屋物船問屋極印元米問屋産地大都市買問屋問屋駕籠大坂屋伊兵衛

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone