コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川蘭皐 かがわ らんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀川蘭皐 かがわ-らんこう

1830-1891 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)元年生まれ。賀川蘭台の次男。京都の人。22歳のとき典薬寮の医生となる。明治維新の際は軍務官診察生をかね,のち少典医,権少侍医を歴任。また産科器具で分娩の際,胎児の姿勢をただす整横紐(せいおうちゅう)を考案した。明治24年5月17日死去。62歳。名は満載。字(あざな)は仲見。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

賀川蘭皐の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android