コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川蘭皐 かがわ らんこう

1件 の用語解説(賀川蘭皐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀川蘭皐 かがわ-らんこう

1830-1891 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)元年生まれ。賀川蘭台の次男。京都の人。22歳のとき典薬寮の医生となる。明治維新の際は軍務官診察生をかね,のち少典医,権少侍医を歴任。また産科器具で分娩の際,胎児の姿勢をただす整横紐(せいおうちゅう)を考案した。明治24年5月17日死去。62歳。名は満載。字(あざな)は仲見。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

賀川蘭皐の関連キーワードサバチエ池原日南石田真鎌井松石岸鶴汀田中如山福井貞憲堀江宗賢宮崎玉緒村松良粛