コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金構造基本統計調査 ちんぎんこうぞうきほんとうけいちょうさ

2件 の用語解説(賃金構造基本統計調査の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賃金構造基本統計調査
ちんぎんこうぞうきほんとうけいちょうさ

厚生労働省が年1回行う日本の全産業を対象とした賃金に関する調査。 1948年から始められた。調査対象は日本標準産業分類に属する全産業の常用労働者 10人以上の事業所と雇用されている常用労働者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちんぎんこうぞう‐きほんとうけいちょうさ〔チンギンコウザウキホントウケイテウサ〕【賃金構造基本統計調査】

厚生労働省が行う基幹統計調査の一つ。主要産業に雇用される労働者について、雇用形態・就業形態・職種・性別・年齢・学歴・勤続年数・経験年数などの属性別にみた賃金の実態を、地域・産業・企業規模別に明らかにするために、毎年実施される。民間企業の賃金決定や損害賠償訴訟における逸失利益の算定などに利用される。賃金センサス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賃金構造基本統計調査の言及

【賃金統計】より

…経済統計の一種で,労働者の平均賃金の月々の動きを示す賃金水準統計(毎月勤労統計調査),個々の労働者について性,学歴,年齢,勤続年数などの属性別賃金の水準を産業,企業規模,地域別に示した賃金構造統計(賃金構造基本統計調査など),企業の賃金体系や諸手当の採用状況,賃金構成などを明らかにした賃金制度統計(賃金労働時間制度総合調査など),ベースアップ,賞与,退職金の支給実態などを明らかにした特殊賃金統計からなり,主として労働省が調査を実施している。 毎月勤労統計調査は職工賃金毎月調査(1923年7月,内務省社会局)に始まり,その後数度の名称変更と実施機関の変更があった後,1951年4月から労働省が現行名で実施するようになった。…

※「賃金構造基本統計調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賃金構造基本統計調査の関連情報