コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本主義と自由 しほんしゅぎとじゆうCapitalism and Freedom

1件 の用語解説(資本主義と自由の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本主義と自由
しほんしゅぎとじゆう
Capitalism and Freedom

新保守主義・新自由主義の旗手 M.フリードマンによる 1962年の著作。経済的自由体制とともに政治的自由の源泉でもある競争的資本主義の意義と役割を明確に述べたもの。最初の2章はいわば彼の原論であり,そこでは個々人の選択の自由こそが真の自由であり,それを保証するものとして自由市場体制=競争的資本主義経済を擁護し,政府の役割は市場補完的な機能に限っている。後段はその応用編であり,金融・財政政策から教育,医療,差別,労働組合所得分配社会福祉,貧困にいたるまで数多くの問題を論じている。のちに夫人とともに著わした『選択の自由』 Free to Choose (1981) はベストセラーとなったが,その原型はほとんど本書にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本主義と自由の関連情報