コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

贄湾 にえわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

贄湾
にえわん

三重県南部,南伊勢町熊野灘に面するリアス湾入の一つ。湾内ではハマチ,真珠,ノリ,ワカメなどの養殖,湾外では揚繰網定置網の漁が行なわれる。沿岸には竈 (かまど) 集落で知られる南島八ヶ竈のうち,大方竈,道行竈の2地区がある。伊勢志摩国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕贄湾(にえわん)


三重県南部、熊野灘(くまのなだ)に面した湾。東側の志戸ノ鼻(しどのはな)と西側の見江(みえ)島を結ぶ線を湾口とする。沈水性の入り江で、海岸線は複雑に分岐し、リアス式海岸特有の景観を示す。伊勢志摩(いせしま)国立公園に属する。真珠養殖が盛んで、海面に養殖施設が並ぶ。贄浦などの漁港は遠洋漁業の基地。慥柄(たしから)湾とも。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

贄湾の関連キーワードリアス式海岸伊勢志摩真珠養殖遠洋漁業慥柄湾海岸線漁港東側景観湾口海面

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

贄湾の関連情報