コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤いピラミッド アカイピラミッド

デジタル大辞泉の解説

あかい‐ピラミッド【赤いピラミッド】

Red Pyramid》エジプト、ナイル川下流西岸にある古代エジプトの王墓群(ネクロポリス)、ダハシュールにあるピラミッドの通称。古王国第4王朝の創始者でクフ王の父であるスネフル王が建設。いわゆる方錐型ピラミッドとしては現存する最古のものとして知られる。基礎部分の一辺の長さ約220メートル、高さ約105メートル。名称は表面の花崗岩(かこうがん)が赤く見えることに由来する。屈折ピラミッドとともに、「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。赤のピラミッド

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

赤いピラミッドの関連キーワードネクロポリス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android