コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤城宗徳 あかぎ むねのり

1件 の用語解説(赤城宗徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤城宗徳 あかぎ-むねのり

1904-1993 昭和時代の政治家。
明治37年12月2日生まれ。郷里茨城県の上野村村長,県会議員をへて,昭和12年衆議院議員(当選15回,自民党)。岸・池田・佐藤内閣で農相5回,防衛庁長官,官房長官をつとめた。日ソ親善協会会長。平成5年11月11日死去。88歳。東京帝大卒。著作に「平将門」「わが百姓の記」など。
【格言など】同胞相食(は)む始末になっては,日本は終わり(六○年安保で自衛隊出動要請を拒否)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤城宗徳の関連キーワード逢沢寛阿子島俊治石田博英上林山栄吉古賀了館林三喜男中馬馨前川とみえ最上政三門司亮

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤城宗徳の関連情報