コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤山明神 せきさんみょうじん

4件 の用語解説(赤山明神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤山明神
せきさんみょうじん

比叡山延暦寺守護神三十番神の一つ。オオナムチノミコトまたはスサノオノミコトともいうが,元来は中国の山神。日吉 (ひえ) 神社に対し,西麓を守護する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきざん‐みょうじん〔‐ミヤウジン〕【赤山明神】

京都にある延暦寺別院赤山禅院に祭られている天台宗の守護神。中国の泰山府君(たいざんふくん)と同神で、延命富貴をつかさどり商家の信仰を集めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきざんみょうじん【赤山明神】

天台宗の守護神。円仁が入唐中冥加を得た中国山東省の赤山の神、泰山府君を勧請し、京都の修学院にある赤山禅院にまつったもの。延命・富貴の神として商人の信仰があつい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤山明神
せきさんみょうじん

京都市左京区修学院(しゅうがくいん)離宮の北にある延暦寺(えんりゃくじ)の別院、赤山禅院に祀(まつ)る。天台宗の護法三十番神の一つ。慈覚(じかく)大師円仁(えんにん)が入唐(にっとう)して登州の赤山法華(ほっけ)院に滞在中この山神に深く帰依(きえ)し、帰朝後これを叡山(えいざん)に祀ろうとして果たさず、その遺命を継いで弟子の天台座主(ざす)安恵が貞観(じょうがん)6年(864)西坂本に祀り、のちに現在地に遷座、赤山大明神と号す。泰山府君(たいざんふくん)と同神で、素戔嗚神(すさのおのみこと)、大己貴神(おおなむちのかみ)にも比せられ、延命富貴の神と信ぜられ古来方除(かたよ)けの信仰を集めている。[薗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤山明神の言及

【泰山府君祭】より

…泰山府君は中国古代からの神であるが,仏教の閻魔大王と習合し,人間の寿命と福禄を支配し,その侍者司命神が冥府の戸籍を管理すると信ぜられた。天台宗の円仁が中国から勧請して比叡山麓にまつった赤山明神はこの神といわれ,また素戔嗚(すさのお)尊や大国主神など日本の神祇とも結びつけられ,本地垂迹説によって本地地蔵菩薩とされた。平安時代に宮廷公家の間で盛んにまつられたのみならず,鎌倉幕府でも武家がとくに頻繁に祭りを行い,陰陽家安倍氏が最も得意とした祭りであった。…

※「赤山明神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤山明神の関連キーワード即真周湛孝暢天台天台律六祖四明天台天台寺埼玉県飯能市南《勧奨天台宗年分学生式》天台宗三門跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone