赤星研造(読み)あかぼし けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤星研造 あかぼし-けんぞう

1846-1904 幕末-明治時代の外科学者。
弘化(こうか)3年生まれ。慶応2年プロイセンに留学,普仏戦争にプロイセン軍医として従軍,戦死者の解剖研究に従事。明治6年帰国,宮内省侍医,東京大学教授となり,順天堂佐藤進とならび称される外科医として活躍した。12年宮城病院長兼宮城医学校長。のち仙台で開業。明治37年1月6日死去。59歳。筑前(ちくぜん)福岡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android