コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤星研造 あかぼし けんぞう

1件 の用語解説(赤星研造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤星研造 あかぼし-けんぞう

1846-1904 幕末-明治時代の外科学者。
弘化(こうか)3年生まれ。慶応2年プロイセンに留学,普仏戦争にプロイセン軍医として従軍,戦死者の解剖研究に従事。明治6年帰国,宮内省侍医,東京大学教授となり,順天堂の佐藤進とならび称される外科医として活躍した。12年宮城病院長兼宮城医学校長。のち仙台で開業。明治37年1月6日死去。59歳。筑前(ちくぜん)福岡出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤星研造の関連キーワードガレ解析変成作用熱雲東欧演劇ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山仁孝天皇ガレケルビン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone