赤木日正(読み)あかぎ にっしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤木日正 あかぎ-にっしょう

1829-1908 江戸後期-明治時代の僧。
文政12年11月7日生まれ。照光院日恵(にちえ)に師事江戸時代禁制であった日蓮宗不受不施派の復興につとめる。明治9年派名を再興,管長となり,本山妙覚寺を創建した。明治41年6月22日死去。80歳。備前(岡山県)出身。名は亀次郎。字(あざな)は楽山,智誠。号は宣妙院,四十八公道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android